PONTANのプロフィールはこちら

1日1000円生活のやりかた

1日1000円生活のやり方節約
食費を1日1000円でやりくりしよう

1日1000円生活・基本のルール

(あくまでこれは私のやり方なので、あなたが自分のやりやすい感じに変えてもOKです)

①まずお金(千円札)を用意する。

私の場合は自分のパートで入る給料でやりくりするので、まず口座から現金を引き出す所からスタートになります。

※両替は、お金がかかる時代になりました(2022年)

銀行によっても違いますが、お札も20枚まで無料・・・・みたいな感じで、無料での両替は上限があります。なので、私は、ATMで引き出すときに千円札が出るように工夫します。

引き出すとき、5万だったら「5・万円・確認」と押すと、万札が5枚出てきます。

でも、ここで、「50・千円・確認」と押せば、千円札が50枚出てくる!

※なので、わざわざ小さい買い物をして、1万円札を崩さなくても大丈夫ですよ

お金を入れる封筒ですが、なんでもOK!

茶封筒でも、透明のでも、銀行ATMの封筒とかでも。

ちなみに私が使ってる透明な袋は、100均で買いました。

セリアでも、ダイソーでも売ってるんじゃないかな?

10枚入りなので、結構便利です。

透明な袋を使う利点は、目に見えるのでお金が管理しやすい点です。

あとは、紙の封筒よりも丈夫で、繰り返し使いやすい。

口がぴっちり閉じられるからお金が出ちゃうこともないですよ。

➁お金を分ける

お金の分け方は、こんな感じです。

①食費分の現金を1週間単位で分ける

私の場合、日曜から始まり、土曜で終わる7日間分。

1つの封筒に、1000円を7枚入れ、これを一週間分とする。

1か月は4~5週あるから、食費だけでも5枚用意するといいかな。

➁他の費目は、各ご家庭でご自由に

これは、各ご家庭によっても様々だと思いますが、我が家の場合です。

  • 調味料&その他の食材
  • 衣服・美容費
  • 医療費
  • 教育費(文房具代・学校の教材費)
  • 衣服&美容費

何に幾ら入れるのかは、収入にもよりますよね。

ただ、食費は1日1000円で頑張りたい!

・・・・・・しかし、家族が多いとやっぱり大変は大変なんです。

我が家は4人家族。男の子2人は育ち盛りの小中学生だしね。

だから、無理なく続けるために、調味料・米・粉系などは別枠で予算を組むことにしました。

封筒も、あえて普通の食費と分けて入れ、買い物も、分けたほうが混乱しづらいです。

私は、食料が十分あり、今日は買い物に行かなくても良さそうだって日に、調味料・米・乾物系などを買いに行きます。

(食パン・麺などは、通常の食費に入れてる)

③外食は別枠

外食は、1回行くと結構な出費となります。

でも、普段頑張る自分にご褒美も必要!

節約するときは節約頑張るけど、外食もしたいよね。

我が家の場合、外食の時は、クレジットカードで食べに行く。

あくまで、別枠・特別支出です。

他にも、家族の誕生日会・結婚記念日等のイベントのときは、1000円のしばりはなくし、買い物してます。お祝いの時は、あれこれ料理作るからね。これも別枠・特別支出です。

④税金・車関係は、積み立てしたりする

毎年、固定資産税とか必ずかかる税金、結構な額になりますよね。

いつ発生するかがわかっていたら、毎月〇〇積み立て・・・として決まった金額ずつ封筒などに積み立てておくといいかもです。一気にドカーンと出費がかさむより、気が楽じゃない?

1日1000円生活・お買い物に行く時のルール

食費は、食費専用のお財布があるとベターです。

できれば、1000円札1枚だけ入れたお財布をもって買い物に行きたいところです。

「お金がないからそれ以上は買えない状況」を作ります。

1000円を超えないようにするには・・・・・計算しながらじゃないと厳しいので、スーパー行くとスマホ片手に握りしめてます。計算機のアプリで、商品の金額を足しながらお買い物を進めます。

今は、税込み価格のお店も多いと思うけど、税抜きだったらご用心。

レジで1000円以内になってるはずが、税金のせいでオーバーしちゃったりあるあるですね。

帰宅してから、おつりとレシートは、その週の袋に一旦戻します。

翌日、また1000円をお財布に入れる。

・・・・その繰り返しです。

そして、1週間全部終わるころ(私の場合は土曜日)

残ったお金でちょっといい食材買ったりします(なるべく小銭を優先的に使う)

勿論、貯金にまわしてもOK。

もしもあなたが、1日1000円生活を1週間続け、成功させると、1週間で7,000円、1か月で約30,000円。何も考えずに生活していたころと比較すると、かなり食費が節約できているはずです。

1日1000円生活をしなかった頃の私の話

さて。もしもあなたが何も考えず、買い物していたら・・・どうなるでしょう。

私、暫く、そんな生活をしていたんです。

買いたい時に、欲しいものを買い、食べたいものを食べ自由に暮らす

仕事帰りに、ラクチンなマック買って食べたり・・・・・・

自分のお昼用に食べたいお総菜買って。

ジュースやら菓子パンやら、欲しい物を買う。

結構毎日のように買い物に行っていた私ですが、旦那から

「最近貯金が全然できてないけど何に幾らくらい使ってんの?」

と、言われ、「わかんない(;´∀`)」と答える私。

どんぶり勘定ですから、自分がトータルいくら使ってるか本当にわかないんです。

お財布の中に溜まりまくってるレシートを見てみると

1回の買い物で、4000円とか5000円とか使ってる日もあって、何も考えず暮らすと、節約の感覚が消えてしまうんだなって思いました。

1000円の価値が、違うんですよね。

何も考えずに買い物をする時、1000円なんて一瞬でなくなります。

でも、1日1000円の枠を守らなければ!という信念があれば、工夫して買い物をするようになります。何にいくら使えるだろう?と思うと、無駄な買い物はしなくなるので、結果食費が安く抑えられるようになるんです。

小さな成功体験を毎日の暮らしで実感できる

1000円でやりくりするのって大変です!!

でもその分、ちゃんと成功できた時は、めちゃ嬉しいです。

充実感&達成感で、良い脳内物質がバンバン出てきます(笑)

  • 1000円以内に抑えられた時
  • レジでゾロ目が出た時(999とか777とか)

心の中でガッツポーズです(笑)・・・・・やり遂げた感が嬉しい。

何もない日常生活だと、それが通常モードとなるため、感動もなかなかすることないけど、1日1000円生活をしてると、成功した日=充実した良き1日となるので、満ち足りた気持ちで眠れます。

少ない1日1000円という縛りの中で、成功体験を沢山すると、毎日の暮らしが小さなHAPPYでいっぱいになるので、おススメです。

是非、あなたも1日1000円生活試してみて下さいね。


1日1000円に食費を抑えるためには、お買い物の工夫なども必要となってきます。

NEXT>>>買い物に行く前に・・・・・・読むページ

タイトルとURLをコピーしました