PONTANのプロフィールはこちら

コストコ「ロティサリーチキン」の食べやすい切り方

コストコ「ロティサリーチキン」の食べやすい切り方 お料理
コストコ「ロティサリーチキン」の食べやすい切り方

今日は、コストコでロティサリーチキンを買ってきました。

我が家はみんな、ロティサリーチキンが大好き!

買いやすい価格設定で美味しさ抜群です。

ロティサリーチキンの人気の秘密

コストコでも人気のロティサリーチキン。

別名「鶏の丸焼き」(*´艸`)

rotisserie chickenとは、ハーブ・香辛料で味付けしローストしたチキンってことですね。クリスマウイブの朝、コストコに行ったらこの「ロティサリー」を買いに来ている人でごった返していました。

ズバリ「人気の秘密」は、美味しくて、値段も安いから!!!だと思います。

まるごとの、しかもすぐに食べられる調理済のものが税込価格699円。

これはお得。重さを測ると1.5kgもありました。

ケ〇タッキーで、家族4人が満足できるくらい、オリジナルチキンを買ったら果たしていくらいかかるのだろう・・・・・と想像すると、1000円を切ることは絶対ないだろうし、濃い味付けは私的には大好きなんだけど、子供には味が濃すぎるかな?って思うこともありました。

こちらのコストコのロティサリーチキンに関しては、味付けがシンプル。余計な味がついていない塩味ベースです。表面の皮はカリっしていて、中のお肉は柔らかくてジューシー。万人受けする飽きのこない味です。

ロティサリーチキンを食べやすく切る方法

長男がサッカーに行っている間に、夫と次男でコストコで買って来てくれたので、今夜みんなで食べることに!!!そういえば・・・・・・・このロティサリーチキン。すごく綺麗に食べられるんですよ(*^▽^*)

ナイフでそぎ切りにして食べたこともあるけど・・・結構手間なんです。油っぽくて手も汚れちゃうし・・(´;ω;`)

でも「すごく食べやすくなるよ!」って方法があるので、ご紹介します。

まず、切りやすくするために結んであるタコ糸を外します。

こんな感じでまな板の上にスタンバイ!

最初に包丁で切るところは、この赤い線のラインです。

この2か所を切ることで「もも肉」を切り離します。

このラインで切ると、結構スムーズに切れるんですよ。

(クリスマスで良くスーパーで売られてるチキンはこの部分です)

右を切り離したら、左も同じように切り離します。

次に上の方にある「手羽先」を、右・左と切ります。

すぐに切れます。

上の写真が手羽先と、もも肉が右・左と両方切れた状態の図です。

真ん中の黄色の線のところは背骨になります。この線の少し横の部分に包丁を入れ、切り離します。(ここの部分が「胸肉」です)

右が終わったら、同様に左側も切っていきますよ。

これが、手羽先・もも肉・胸肉を切り取ったあとの部分です。ここにも身がいっぱいまだついていますので、こそげ摂るように肉を取り除きます。

左のお皿のお肉はこそげとった分(何気に結構な量ですよね)

右は俗にいう「鶏ガラ」です。我が家ではこそげとった分のお肉はサラダに入れたり、オムライスで使ったり、スープに入れたりしてます。鶏ガラはスープに使ったりできるので、つまり無駄なところが全くないですね♪

こんな感じで切り分けられました。

あとは盛り付ければOKですね(*^▽^*)

こんな感じで盛り付けました。チキンには味がもうついているのですぐに食べられるところが嬉しいですね。チキンだけだと味気ないので・・・・・簡単サラダもササっと作ってみました。

チキンに添えたいお手軽サラダ

冷蔵庫にあった野菜(キャベツ・人参・レッドキャベツスプラウト)を使ってコールスローサラダを作りました。作り方は簡単。キャベツ・人参は細かく刻み、レッドキャベツスプラウトは1/2長さに切ります。

切ったら、マヨネーズとカンタン酢を適量入れて和えたら完成です。

色味がきれいです。レッドキャベツスプラウトがいい仕事してくれてます!

こんな感じで盛り付けてみました(*^▽^*)

いただきま~す💛

家族4人でお腹いっぱいになって、それでも残るくらいの量でした。

コストコに行ったら、ロティサリーチキン、お得に買えてとっても美味しいので、おススメです。この切り方なら、食べるときもすごく楽ちんですよ!

本日も最後までお読み下さり、ありがとうございました♪

【読んだよ!の印にポチっとお願いします♥】

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

お料理
シェアする
PONTANをフォローする
スポンサーリンク
Pontan kitchen -健康的な食生活-