日常 育児の記録

忘れ物が多いわが子への対処

投稿日:2019年6月18日 更新日:

忘れ物が多いわが子への対処

 

 

 

 

 

(まず昨日の私のツイートから)


 


 

先週の金曜日。小2.4.6の授業参観日だったので、私もワクワクと出掛けました。「道徳」の授業だったんだけど、5人で1つのグループを作り、グループごとに前に出て、一人ずつ「自分の好きなこと」について発表をしていきます。

 

サッカーが好きな子。ピアノが好きな子。

鉄棒が好きな子。掃除が好きな子。

 

個性があって面白いですね(*^▽^*)

 

うちの次男君は「僕はお手伝いが好きです」と、発表してました。

 

手には自分で書いた絵を持っていたので「絵を描くのが好きです」と、発言するのかな?と、ばかり私は勝手に推測していたんですけど(;´∀`)

教室の絵と、お友達と次男君と先生が描かれてたのは、「自分が先生やお友達と協力しながら過ごしてる」というイメージを伝えたかったのかな?と、後から思いました。

元から声の大きな次男君。国語の音読や、群読の暗記、授業で発表したりするのが上手です。それはいいところなんですけど、問題もあります。それは・・・

 

「忘れ物が多い」

 

振り返ると、低学年時代の長男君も全く同じでした。

宿題内容を連絡帳に書き忘れることもあるんですが、それはだいぶ改善されてきました。でも、肝心の宿題がランドセルに入ってない率が高い(;´∀`)

 

5年生の長男君は、自己責任でちゃんと宿題を終えて準備もしっかりできるようになったし、忘れ物もないよう管理できるようになったんですけど、次男君が、なかなかうまくいかない。

 

(おっと!、・・・・話を戻しますね)

 

授業参観で、発表をする子を見て、子供たちは感想文を書く・・・・って流れだったらしいんですが、次男君だけ、筆箱が机の上に出てないんです。

※自分の鉛筆は手にしっかり持ってました

 

なんか、違和感を感じつつも、授業参観・懇談会を終えて、子供たちが帰った後の教室で、なんとなく次男君の机の中をチェックしてみると・・・・・・・筆箱に入っていたであろう文房具(えんぴつ4本・赤鉛筆・定規・消しゴム・サインペン・図書カード)が道具箱の中に全部入ってました。筆箱はなかったんで、筆箱だけランドセルの中に入れたのかなって思ってました。

 

(;´∀`)なんで?

 

と、思いながら、”鉛筆等”を、全部持ち帰りました。

・・・・でも、家にもなぜか筆箱がなかったので、大捜索開始。

 

気付いたら私が金曜日に、学校から持ち帰り、次男君に渡した文房具もどこに置いたか本人は、わからなくなってしまったみたいで・・・・、でも、次男からその後「筆箱も全部あったよ」と言われたので、「良かったね」で、終わりました。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

PONTAN

現在小学校5年と2年の男の子をもつ子育て中のママ。 趣味は、ピアノ。大人から始めた初心者で現在3年目。 子どもと同じピアノ教室に通っています。

Copyright© PONTAN★WAKU2 blog , 2019 All Rights Reserved.