PONTANのプロフィールはこちら

我が家の梅シロップ

オススメ

我が家では、この時期「梅酒」を作ることが多いのだけど、前に作った杏露酒(あんずを漬けて作ったお酒)がまだ半分以上残ってるのもあり、今年は子供も楽しめる「梅シロップ」を作ることにしました。

準備するもの

  • 果実酒ビン 2リットル
  • 氷砂糖 500g
  • 青梅 500g

(瓶の大きさが4リットル瓶だったら、氷砂糖と青梅は1kg)

私は、ピアノ教室の近くのスーパーで購入しました。

この時期、スーパーの入り口付近には、果実酒ビン氷砂糖青梅が同じコーナーに置いてあったりします(*´▽`*)

   ↑     ↑     ↑

楽天市場でも買えるよ!(送料無料)

梅のマメ知識

梅は、かわいらしい”こじんまりとした”見た目に反して、高い栄養価がある果物なんです!!タンパク質、カルシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラル分や、ビタミンA・B1・B2・Cなども豊富に含まれているから素晴らしいですね!(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

 

現在、梅の種類は・・・・・・300種類を超えておりますが、一般的に出回ることの多い「梅酒・梅シロップ」作りに最適な梅は下記になります。

  • 南高梅
  • 白加賀
  • 七折

今回、私がGETしたのは「白加賀」です。美しい発色と、大きさのそろった粒に、見ていても元気がでてくるようです(´艸`*)

 

他にもたくさんの梅の種類がありますが、大きさが不ぞろいなものや小ぶりな梅は、梅干しとして漬けるのに最適です!

準備:果実酒ビンを消毒しよう

まず初めにやっておきたいのが、梅シロップを入れる果実酒ビンの消毒だよ。煮沸消毒でもいいんだけど、手間暇がかかってしまうので、うちは人間の口に入っても害がないアルコール除菌で消毒しました。

使い方は至って簡単!果実酒ビンの内側にシュッ!シュッ!っと吹きかけて、キッチンペーパーでふき取るだけでOKです。

 

注)写真では、ビンの中にスプレーしてる図だけど、蓋の内側にも同様にスプレーしてふき取ってくださいね。

準備:梅のヘタを取り除く

「ヘタを取り除くって、面倒なんだな(;´∀`)」・・・って

今、思っちゃった人、安心してください!!

梅のヘタを取るのはめちゃ簡単なんです。

 

「つまようじ」を、用意してくださいね。

ヘタの黒くなってる部分の一番外側に、つまようじをあてて・・・

つまようじの先っちょで、クルルン!と優しく触ると、すぐツルンって感じでヘタが取れます。この感じ、ちょっと気持ちいいかも!!

こんな感じで、すぐにとれるよ。

梅を綺麗に洗います。

ヘタが取れたら、梅を綺麗に洗います。

お口に入るものなので、1つずつ丁寧に洗おうね!

ザルがあると便利ですよ!

洗い終わった梅を乾かす。

梅を綺麗に洗い終わったら、キッチンペーパーを広げた上に、梅を並べます。

私は、時短でやりたかったので、1個ずつクッキングシートで水分をとるように拭く作業を行いました。

 

果実酒ビンに材料を投下

消毒してある、果実酒ビンの中に氷砂糖と、梅を均等になるように入れていきますよ。

 

梅⇒氷砂糖⇒梅・・・・という感じで交互に入れます。

2リットルの瓶に、少し入りきらないのがあったので、円柱型の入れ物に入れてみました。上の写真は入れた翌日に撮影したもの。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-。下、1cmは水分だよ?

さっそく溶け出し始めてるってことだね。

そして、本日撮影した梅シロップはこんな感じです。

漬けてから10日くらいで、氷砂糖はこんなに溶けてくるよ。

※小さい円柱型の容器2つに入れてたのを、途中、瓶に追加投入しました。

 

青かった梅がすこーし茶色ぽい色に変わってきて、見た目は、しわしわになってきています!

 

時々、瓶をひっくり返す⇔戻すといいみたいよ!

中身を混ぜてなじませるのが大事みたい。

私は1日2-3回、気づいた時にやってます(´艸`*)

 

梅シロップは、漬けてから1か月ほどで完成するよ!

1か月くらいしたら、梅の実を取り除いておきましょう。(入れっぱなしだと梅の実が痛んでしまうため。)

 

子供たちが楽しみにしてるから早くできるといいなぁ

 

本日も最後までお読み下さり、ありがとうございました♪

 

【読んだよ!の印にポチっとお願いします♥】

 

  にほんブログ村 にほんブログ村へ    

オススメ お料理
PONTANをフォローする
Pontan kitchen -健康的な食生活-