PONTANのプロフィールはこちら

ピアノ教室|我が家の理想

ピアノと私

理想の”定義”は人それぞれ

その定義は、習う人によっても、違うかもしれません。大人だって、子供だって、一人の人間であり、性格も違うし、嬉しくなるポイントも違いますもんね。

・・・・・私は、自分自身がピアノを習ったことがなかったので、ぶっちゃけ・・・・ピアノの先生のイメージって、良くわからなかったんです。でも、子供がピアノを習って、自分も習うようになって、色々考えるようになりました。

<あなたにとっての良い先生像は?>

   ・教えている生徒がいっぱいいる先生
   ・ある程度名前が知られているような先生
   ・コンクール等に力を入れている先生
   ・優しく穏やかな先生
   ・良い音大を出ている先生
   ・現在も師匠の先生について学習している先生
   ・先生自体が現役でピアノ演奏等をされている
   ・子供の上達が早いと口コミになる先生
   ・教え方が上手な先生

いま、一般的に考えられそうだなって、思いつく物だけを、羅列してみました。他にもいろいろあると思いますけど。注)私の希望って事ではないですよ

ご自身や、ご自分のお子様がピアノ教室に入るとして、先生に求めるものって、人それぞれ違うんじゃないかなって思ったんです。

”私自身”の思い描く理想の先生像は

私自身がピアノを習う立場で考えた、理想の先生像は・・・こんな感じです。

  • ピアノの基礎やタッチなどをしっかり教えてくれる
  • いつも笑顔で優しい
  • 褒め上手
  • 人としても尊敬ができる
  • ピアノ演奏ができる

これだけ見ると「ん??」って思う人もいるかもしれませんので補足いたしますね。

「ピアノ演奏ができる先生」・・・っていうのは、ここの弾き方が分からない・・・って時には、その場ですぐに、こうだよって弾いて教えて頂ける先生って意味です。先生ご自身が現役で演奏活動をされていなくても、そこはそんなに問題にはならないかな。

あとは、ピアノの枠を超えて、人としても尊敬できる先生がいいです。あとは・・・・・やっぱり、褒め上手の先生がいいなって思います。

大人だって、やっぱり褒められたいのです(笑)

以前の先生との価値観の違い

昨年、実はピアノ教室を変わりましたが、以前の先生は、私のレッスンで1度もピアノに触れることはありませんでした。

バイエル・ブルグミュラー・ソナチネ・ツェルニー30と王道のlessonでしたが、わたしは順番にひたすら進みました。

以前の先生のレッスンは楽譜通りに弾くように、口頭で説明されるだけのレッスンでした。音が違う、長さが、テンポが違う・・・って教えては貰えるんですけど、楽譜通りに弾けてるかどうかチェックしてもらってるだけなんです。

ちなみに先生はピアノ専門じゃなくてフルートが専門の先生でした。

フルートもピアノも両方レッスンしてるという感じのお教室でした。

(すごく失礼な言い方になっちゃうけど)私は、だんだん物足りなくなってきてました。もっと、ピアノについて勉強したい。どうしたら綺麗な音が出るんだろう。指の運びはどうしたらもっと上手くいくのかな?この曲の表現はこれでいいのだろうか・・・

そういう気持ちが頭の中でグルグルしてましたが、しばらくずっとそのままでした。

ピアノを習ったのはこの先生しかいないし、他の教室の先生がどうとか全くわからないってのもありました。

・・・・そして、私だけでなく、子供たちも習っていたし、そういう事情もあって、グルグルしててもなかなか前に進めませんでした。

でも、私だけではなく、子供たちの方でも、だんだんギクシャクしてきてしまったんです。先生は決してスパルタではなかったけど、ちょっと怖かったのかな。

子どもたちは、よく固まってました(汗)楽譜を読むように言われて読めないとピアノも弾けないままレッスンが終わることもあり・・・私も音符カードで練習させたり、譜読みのワークを自宅でやらせてみたりしてましたが、家でランダムでやってもちゃんと読めるんです。

でも、レッスンで出来なかったら「楽譜が全然読めてませんね。ドもわからないんです。家でもっとちゃんと学習させて下さい」って母親の私が言われます(汗)

そうなると、私も自宅でやっぱりガミガミ母ちゃんになって、さらに練習をやらせなきゃ!!!となり、結果・・・子供も楽しくなくなり、パパにも教育虐待だと言われて、なんか最悪な循環が繰り広げられるようになってしまいました。

・・・そもそも、なんでレッスンだと楽譜が読めないのか自体が謎でした。

そしてピアノに触れなくなった長男

ピアノの練習時間が確保できないこと(本人が練習を苦痛に思ってる為)もあって、落ち着くまでしばらくレッスンを休ませてもらえないかって先生に相談したんです。

「さ来月」ピアノ発表会・・ってタイミングで話した私も悪かったけど、先生は、長男を発表会に出せないとおっしゃいました。

発表会は、日頃の頑張りの成果を発表して、この先に生かしていくためのものだから、発表会が終わってもう来なくなる・・・っていうなら、発表会も出る意味が全くない。

そういわれました。私も子供もショックでした。子供はもうソロ曲が弾けるようになっていたし、発表会には出る気マンマンだったから。でも、子供的にも踏ん切りがついたからか、その日からピアノに触れなくなってしまいました。

レッスンは月4回だったけど、残りの2回はキャンセルさせてもらいました。

「ピアノなんて弾きたくない」子供から発せられたこの言葉が、私には一番ショックでした。

レッスンで萎縮する次男

自宅でバイエルをいっぱい頑張って、花丸を貰えるのを期待して、ウキウキしてレッスンに行ったのに、30分のレッスンで音が聞こえてきたのは数分だけ。レッスンが終わってうつむいて出てきた次男。

「どうしたの??」って聞いても何も返事がない。先生曰く「ハノンを初めてやらせたんですけど、楽譜を読むように言ったのに、全然読めなくてレッスンが終わってしまいました」とのこと。

私は思いました。読めないんじゃなくて”読まなかったんだ”。恐らく・・・・萎縮してしまったから。

そして・・・私が悩んで出した結論

夜、先生からメールがきて、「楽譜が読めないのはご家庭での練習不足。お母さんがいつも弾いて聴かせて音で覚えさせてるんじゃないですか?じゃなかったらなんでいつもこんな短時間で弾けるんですか?」・・・・みたいなメールが来て、私も、今までの蓄積してたものが一気に爆発してしまったんです。

今まで数年、母親として必死で子供に寄り添い頑張ってきたものをすべて否定されたような気持になってしまいました。

子供自身の頑張りもちっとも認めてもらえない気がして、親としても、ちょっと許せなかった。

先生への返信で、次男が自分で楽譜をしっかり読んで練習していたことはお話ししました。

そして、教室を辞めさせていただきたいということも。

長男だけじゃなくて、次男までもピアノを嫌いになるのだけは絶対避けたかったし、私のグルグルの思いも。もう限界にきてしまったんです。

価値観の違い・・・・・そう感じました。

「(後編)ピアノ教室|我が家の理想②」はコチラ