ピアノと私

ピアノを始めたきっかけ

ピアノを始めたきっかけ

「私がピアノを始めたきっかけ」・・・を、書き始める前に、

私の子供時代の話も、ちょっとだけ お話しさせてください。

【ピアノに憧れた小学生低学年時代】

小学生の頃、父の働いてた会社の社宅に家族で住んでました。

両親は、まだ私が小さい頃に離婚していて、祖母と父と私の3人暮らし

でした。今思うと、うちはあまり裕福ではなかったのかも。

・・・・というのも、周りのお友達は、みんなピアノを習ってるのに

(当時、大体の家に1台ピアノがある時代だったようです)

うちは、「習いたい!」って、子供からお願いしても、親がダメの一点張り。

「ピアノも買えないし、第一ピアノなんてお嬢様のやることだ」

・・・そう言われてしまうと、もうどうしようもないですもんね。

今思うと、私は小さい頃から、不思議と音楽にはとても興味がありました。

家にいると、父が唯一持ってたクラシックのカセットテープを毎日

聞いてました。(モーツァルトのいろんな曲が入ってるやつです)

モーツァルトの曲を聴きながら、ピアニカの鍵盤を、ピアノのように両手で

(適当な感じで)弾いて、まるで自分が上手に弾いてる気分になって、

勝手に、満足してました(笑)

今、思うと・・・・ちょっと怪しい子供ですね(書いてて気づくw)

【初恋の男の子が・・・・実はピアノ男子だった】

私の初恋は、ちょっとおませさんで、小学校3年生の時です。

その子(仮にRくんとしておきます)には、なんでも話せるし、一緒にいて

楽しくて、Rくんちは、お母さんがピアノの講師、お父さんが画家という、

芸術一家。Rくんと一緒に仲良く過ごした小学校3年~4年は、あっという間に

終わり、5年生になる頃には、私も一人前に思春期に突入し、異性を必要以上に

意識してしまうように(汗)。

男子とは恥ずかしくて話せないし、授業中に国語の朗読であてられると・・・

赤面症になってどもってしまったり、別人のようにおとなしい子になって

しまいました。

そして、小学校5年~6年はRくんとは別のクラスになってしまい

縁が薄くなっていきました。(密かな片思いは続く・・・・・)

静かに続いてた恋心が再燃したのは、中学校1年生の時。

またRくんと同じクラスになったんです!!でも・・・話しかけられないし

目を合わす勇気もない・・・・・ビビリで残念な私。

・・・そんなある日。音楽の授業があった時のことです。

授業が始まる前に、早めに音楽室に行く習慣があったんですけど、

グランドピアノの周りには男子がいっぱい集まり、ピアノの前に座ってたのは

あのRくんでした。

そしてRくんがピアノを弾き始めたんです。その時の演奏曲は

ショパンの革命とか、子犬のワルツとかだったかな。

すごく上手に弾いてました。心がガッツリ持っていかれる演奏。

もう、彼から目が離せなかったです。

私だけじゃなくて、クラス全員が。

大体2曲弾くくらいで、授業が始まったので、幸せな時間は短時間でしたが

音楽室で授業が始まる前は、毎回Rくんのピアノを聴けるように。

(男子がRくんにリクエストして弾いてもらってるようでした)

でも、Rくんのことも、Rくんのピアノも大好きだったけど、告白する勇気も

なく儚く中学時代は終わり・・・・・

思い出は美化されて、今も心に残ってます。

【子供がピアノを習うように】

やがて、時が流れ、結婚し、私も母になりました。

可愛い二人の男の子にも恵まれ、楽しく、幸せな毎日。

長男が、5歳の頃【ピアノを習いたい!】と、言ってきて、勿論習わせて

あげることにしました。

スイミングで仲良くなったママさんの紹介で、とあるピアノ教室へ入会

したんです。

レッスンでは「ピアノ弾けるよ!ジュニア」という導入のテキストを先生

が用意して下さって、ピアノのことは分からないけど、隣で見てて楽しそう

だったから、長男君の習ってる
所を、私も一緒に勉強・練習するように

なりました。(←暇人な母w)

長男の導入の本は「ピアノひけるよ!ジュニア①~③」を使いました。

【子供の初めてのピアノ発表会】

当時のお世話になってたピアノ教室では、発表会の時、

子供が小さいと親子で「連弾」をするって流れがありまして、私も長男と

連弾で舞台に上がりました。

初めての発表会、初めて見るスタウィンウェイのピアノ✨

連弾曲は「お馬の親子」です。

「お馬の 親子は 仲良しこよし~♬」・・・・ってやつですね。

わたしは、左側(セコンド)だったんですがピアノに慣れてないし、

子供が打鍵が結構弱く、私の音のほうがデカくなっちゃって、お世辞にも

上手には弾けなかったんですけど、弾き終わったときの晴れ晴れとした

達成感が、なんとも気持ちよかったのを覚えています。

お友達の男の子は、ディズニーの曲をお母さんと弾いてました。

お友達のお母さんは、もともとピアノ経験者でソナタまでやってたみたいで

ピアノもすごく、上手!!(*´▽`*)

ピアノが弾けると、連弾曲の幅も広がるし、いいな♪

私も、もっといろんな曲が子供と弾けるといいのにな・・・・

   ・・・・・・上手くなりたい!

         

        ・・・・・・習いたい!!!!!

習いたい気持ちがMAXになり、私も遂にピアノを習い始めるように

なったんです。

習い始めた記念日は2015年9月27日

ちなみに、私のレッスン代や、必要な楽譜代、発表会参加費用等

自分のピアノに関する出費は、お小遣いの中からやるっていう

条件付きです(笑)

子供の頃、ピアノの「ぴ」の字もなかった大人の初心者の私が

ピアノを始めることに、不思議と不安はありませんでした。

ウキウキ・ワクワク・ドキドキの気持ちでいっぱいでした♪

そんなこんなで、私のPiano-Life が、始まります

  • この記事を書いた人

PONTAN

現在小学校5年と2年の男の子をもつ子育て中のママ。 趣味は、ピアノ。大人から始めた初心者で現在3年目。 子どもと同じピアノ教室に通っています。

おすすめ記事

1

簡単におしゃれで美味しい、お豆腐のサラダです

和定食・秋刀魚の梅煮 2

お得な北海道産の秋刀魚をお得にGETしました!今回は圧力鍋を使って「秋刀魚の梅煮」を作ってみました(*^▽^*)

3

昨日の焼き鳥のタレも残っていたので、つくねを作ることに・・・。でも、なんとなく焼き鳥気分を脱しして、別の感じで仕上げたかったので、自分なりに簡単なアレンジをしてみました。今回の名脇役は「ししいたけ」です!!

4

お買い物に行ってきたので、野菜もいろいろ買ってきました。野菜がいっぱいあるとなんだかテンションがあがります。今日は、この野菜をいろいろ使って、献立を考えることにしました。

イタリアン・お好み焼き 5

初の試みで、お好み焼きをイタリアン風に作ってみました。食べるまでどうかなと心配してましたが、子供たちが大喜びしてくれたので、レシピにしました。

-ピアノと私
-,

Copyright© Pontan kitchen -健康的な食生活- , 2020 All Rights Reserved.